PRE-ICO 2.0 is Success!

投資済み

0 ETH

発行済み

0 IML

価格

1 ETH = 5200 IML
100% PRE-ICO (2,544.79 ETH)
32% PRE-ICO 2.0 (0 ETH)

投資済み

0 ETH

発行済み

0 IML

価格

1 ETH = 5200 IML
-->

IMLトークン所有者のモチベーション

スマートコントラクト機能に基づき、IMMLA収益の36%は、IMLトークンを燃やし、償還することに使われます。

トークン価格上昇モデル

市場シェア
IMMLAを通した取引高
収益
トークンの買い上げ
トークン価格の上昇
開発者の資金

新しいモジュールの開発と拡張戦略

1%

36%

64%

燃やされたトークン

配当の内訳

  • プレICO投資家

    2047 ETH
    1.4%

  • ICO投資家

    1 22 888 ETH
    80%

  • 創設者

    15 367 ETH
    10%

  • スタッフ紹介

    10 757 ETH
    7%

  • 報奨金

    2612 ETH
    1.7%

現在の投資: 0%

1

4.7%

トラック、港、海運モジュールの開発
2

15.5%

東欧、ロシアでの各言語対応並びにマーケティング
3

20.2%

鉄道モジュールの開発
4

43.9%

西欧での各言語対応並びにマーケティング
5

65.2%

中国での言語対応並びにマーケティング
6

100%

アジアでの言語対応並びにマーケティング

ドキュメント

白書

PDF

利用規約

PDF

インフォグラフィック

PDF

よくあるご質問

ガスリミットはいくらですか?
推奨されるガスリミットは100 000 GAS(0.00000002 イーサ / 20 Gweiに相当)です。
ICOとは?
ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は、暗号通貨、ブロックチェーン業界における新しいクラウドセールスコンセプトです。
アメリカ在住者 でもIMMLAのICOに参加することはできますか?
いいえ、アメリカ在住者は、米国の法律のためIMMLAトークン配布システムに参加できません。 米国市民でも米国永住者でもなく、プエルトリコ、米領バージン諸島、およびその他の米国領土を含む、米国内にメインとなる住居または所在地を持たない場合には、IMMLAのICOに参加することができます。
ICO参加のために何かに登録する必要はありますか?
いいえ、ウォレットを所有していれば問題ありません。
イーサリアムウォレットを持つことなく、IMMLAに参加することはできますか?
いいえ、IMLトークンはイーサリアムブロックチェーンで公開されるため、IMLトークンを取得、保管するにはイーサリアムアドレスが必要です。次のイーサリアムウォレットを使用することができます:Ethereumウォレット、Mist、MyEtherWallet.com、または秘密鍵にアクセス可能なその他のウォレット。取引所の口座から直接、ICO参加のために、Ethereumを送信しないでください!!! 暗号通貨取引所のアカウントでは、暗号鍵にアクセスできないため、IMLトークンへのアクセスも不可能となります。
スマートコントラクトのコードはどこに記載されていますか?
https://github.com/IMMLA
IMLのセキュリティはどうですか?Howeyテストは実施済みですか?
Howeyテストによると、IMLトークンが安全だと証明されました。
IMLトークンからは、いつ、利益を得られるようになりますか?
IMLトークンはICO後の交換所で利用できるようになります。したがって、他のトークンとの交換取引に参加することが可能となります。当社は、ブロックチェーンに基づき新たな物流サービスを創造する計画であり、IMLトークン価格の上昇を大いに期待しています。
IMMLAはどれだけの市場シェアを獲得する展望ですか?
IMMLAが国際輸送サービス市場のシェアを1〜2%獲得するための適用条件があります。 IMMLAチームは、プロジェクトの広範囲にわたる立ち上げの後、この数値に達する予定です。
IMMLAが最初の交通事業を行うのはいつですか?
IMMLAの最初の交通事業は、2018年の上半期実施予定です。これは、自動追跡市場の一部として、また部分的に海上貨物サービスを使用して実現されます。 さらに、2019-2020年にIMMLAチームは、中国、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ市場への地理的拡大を計画しています。
IMMLAサービスの開発者とは?
IMMLAサービスは、ロジスティクスサービス企業自動化をサポートするERPソリューションの提供元LogiSmart、並びに、ブロックチェーン開発者集団のコラボレーションにより誕生しました。現在、IMMLAサービスの開発チームは18人で構成されています。